MENU

金利はどうやって決まるの?

カードローンは専用カードを発行してもらうことで、ATMから限度額内ならいつでもいくらでも借入金を引き出すことができるものです。
消費者金融や銀行のカードローンが有名ですが、多くの金融機関はインターネットから申し込みができて、即日審査の即日融資とその手軽さから多くの人が利用しています。
借入には定期的な収入があることという条件があり、審査もあることから一般の消費者金融での融資に比べて低金利で限度額が高いことも人気の秘訣です。
気になるカードローンの金利ですが、商品内容を見るとどこの金融機関も「4%〜17%」などと金利に幅があることがわかります。
その金利の差は借入額の差です。
限度額を高く設定すればするほど金利は低くなり、逆に限度額が少ないと高金利となります。
ただし、それだけではなく銀行の場合は住宅ローンを借入しているなどの条件により金利を安くするサービスがあったり、期間限定で金利割引キャンペーンなどが行われることもあります。
ただし、低金利だからといって限度額を高くすると危険です。
カードローンはATMから気軽に借り入れができてしまうため、しっかり返済計画を立てて返済可能な金額を借りているかどうか計算してみることが重要です。