MENU

返済が遅れるとどうなるの?

カードローン会社などで借入をし、決められた期日に返済をしませんと、支払遅延、延滞という扱いになり、通常よりも高い金利が課せられます。
借金の返済については、とても厳格に管理がされていますので、うっかり返済期日を忘れてしまい、放っておきますと、返済金額が膨らんでいくことになります。
カードローン会社にとっては、資金運用をする上で支払遅延は、損害金という位置づけになりますので、損失分は利率を上げて、利用者に負担してもらうしか方法はないのです。
一般的には、借金の返済は、一定期日に銀行から引き落としをされることが多いので、常に対象となる金融機関にお金を用意しておかなければなりません。
少々、支払が遅れても、そんなに悪影響はないと勘違いしている人も多いですが、借金を返すということは、厳格に管理されているのです。
しばらく借金の支払いが滞りますと、信用情報機関という専門組織でブラックという烙印が押されてしまう可能性もあります。
返せるお金があるのに、うっかりしていたばかりに、借金の負担が増えたり、ブラックということになってしまうことは愚の骨頂です。
お金を借りた時点でしっかりお金を返す計画を立てて、うっかりミスをしないようにすべきです。